愛鳥ミントとの幸せ溢れる毎日を少しずつ綴っていきます♬
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
主治医の意見
こんばんは!

先日、掛かり付けのミントの病院へ行ってきました🍀

7日に受診した横浜小鳥の病院から、診察内容などはきちんと主治医に引き継がれていました(*^^*)
201805191853519bf.jpg


主治医に「悩んで悩んで、今もその考えで良いのか迷っているのが正直な気持ちですが…手術をせずにこのまま出来ることをして経過をみたい」と伝えました。

すると私の話を聞いた主治医は目をまんまるくして👀「手術しないんですか?どうして?」と!!(゜ロ゜ノ)ノ

「手術を受けなかった場合これから辿る経過も伺いましたが、もしも麻酔から離脱できなかったり手術が難しくそのまま…となってしまうかもしれないと思うと不安が拭いきれないです。うまくいけばそれはとても喜ばしいことですが、失礼な言い方になりますが、そうでなければこの仔を一瞬で失ってしまうかもしれないと思うと耐えられないです。」と話ました。

私の話を聞いた主治医は続けてこう言いました。
「手術の成功率60%には色々な病期の仔が含まれていて、全身状態が良い仔ばかりではないのでその位の確率なんです。
私が横浜に居た時、成功した仔も残念ながら亡くなってしまった仔もどちらも見てきました。ミントちゃんは若くて体力もあるし、他に病気があるわけでもないし、今の時点では腫瘍と他の臓器の間にもまだスペースがあるので十分に取りきれる可能性があります。もう少し大きくなると腫瘍と他の臓器が癒着して取りきれなくなると思います。手術した方が良いか、と尋ねられたら…うん。そうですね。」


゚+.(*´pωq`)゚+.
先生。私、何日も眠れずに考えたんです…
でもそんな風に言われるとまた迷ってしまいます😢

20180519190910dba.jpg


この小さな身体で、手術に耐えられるのか、でも心からミントを助けたいしこれからもずっとずっと一緒にいたい。

頭の中で色んな気持ちが交差しています。

前にも書いたかもしれませんが、通いなれた病院で今までの経過も、ミントの臆病な性格も飼い主である私の性格も知っている主治医が手術をしてくれると言うのならもしかしたらこんなに悩まずにお願いしているかもしれません。

手術を執刀される院長先生とは顔を合わすことなく、術後の経過を診るのも、飼い主への説明を引き受けるのも別の獣医師と言うことに多少なりとも不安があるのだと思います。
正直な気持ち、横浜まで行ってみたけれど不安の解消には至りませんでした(>_<)(私の個人的な気持ちです。不快に思われたら申し訳ありませんm(__)m)

20180523195920faf.jpg


来週また掛かり付けの病院に再診です。
ご飯を減らしてから明らかに元気がなく、膨らんでいることが多い感じでした。

先生もいつもと違うミントを見て細かく診察してくださいました。
「暫く保温してください」と言われ、お薬も追加になりました。

主治医から「今の様子を見て、それだけではないと思うけど、○○さん(私)の不安や心配な気持ちがミントちゃんに伝わって元気がないのかもしれませんね」と言われました((T_T))

ミント。心配かけて不安にさせてしまってごめんね😢💨頼りなくてごめんね😭
2018052320073713e.jpg

一年半か二年くらい保温から遠ざかっていたので慌てて引っ張り出してきました😅
サーモも感知するし電球💡も破損してないし分解してフキフキしたし✨大丈夫かな☺

来週受診までに方向性を決めなければなりません(..)
私が変わってあげたいよ。ミント🐦😢

2018052321143846e.jpg

振り返りミンチャン( *´艸`)💕

いつまでも結論がでなくてダラダラと思いを綴るだけのブログで読みにくくすみません😣💦

良い方向に進めるように頑張っています(*´・ω・)

最後まで読んでくださりありがとうございます☺
スポンサーサイト
page top
横浜小鳥の病院 続き
こんばんは。
皆様からメッセージ、とても心強いです(* ´ ▽ ` *)本当にありがとうございます✨

2018050921290049b.jpg

一度では書ききれなかったので、横浜小鳥の病院を受診した際の記録として続きを書きたいと思います。
(注⚠辛い表現があるかもしれません(o´・ω・`o)すみません。)

手術の準備について伺いました。

人間では当たり前の様に病巣は勿論、手術前にリスクがどのくらいあるのか様々な検査をして調べますよね。

今回の手術の場合、術前にレントゲンは取るけれどそれ以外の検査はしないそうです。

理由を聞いたら「人間だと採血をして他の臓器に異常がないか調べるのが普通なのですがそれはしません。手術による出血のリスクが高いので少しでも血液を無駄にしないためです」と言われました。。。

緊急手術ならばそれも仕方がないのかもしれないけど、予定を組んで出来る手術だからしっかり術前検査をして…と言うのは叶わないものなのかと少し疑問に感じました。(人間と比較しても新しく血液が造られるまでに時間がかかることは解っていますが…確認すれば良かったです😢)

次に、手術を受けなかった場合、今後辿るであろう経過について伺いました。
■腫瘍が大きくなると■

◎気嚢を圧迫することで飛ぶとすぐに疲れる。呼吸が荒くなる。
◎胃が押されて吐き気が出る。それにより食べられなくなる。
◎女性ホルモンの分泌が増えて脂肪がつきやすくなる。(太りやすくなる)
◎肝機能障害を起こす。(脂肪肝になる)
◎腹水が溜まり呼吸が苦しくなる。
◎お腹が大きいのに無理に飛ぼうとしてお腹をぶつけることによる内臓からの出血を起こす。

最終的には呼吸するスペースが無くなり、息が苦しくて亡くなってしまうことが多い…と言うお話でした(>_<)

肝機能障害については食事療法である程度カバー出来ると仰っていましたが、他は聞いただけでも辛そうに思えます(;´Д⊂)

うぅぅ(*ToT)

聞けば聞くほど不安な気持ちになるのは仕方ないですよね😢💦

食事の内容やあげ方について、日々のお世話や過ごし方については、申し分ないのでこのまま続けてくださいと言われました😌💕

とりあえず、今私が出来ることは、ミントが心穏やかに過ごせるように生活環境を整えてあげること😊🍀それを基本としてこれからの事をしっかりとまた考えようと思っています。

私自身の記録的な意味も込めて書いたので、文章ばかりで読みづらく申し訳ないです💦

最後まで読んで頂きありがとうございます☺💕
20180509213812078.jpg

ちょっとこの顔酷いんですけど何だか見るたびに笑ってしまって😆私個人としては気に入ってるのでミントに秘密で載せちゃいます😆💕
page top
横浜小鳥の病院行ってきました
こんばんは😃🌃

セカンドオピニオンのために横浜小鳥の病院へ行ってきました🐦

文字ばかりで長いですよ~🙏💦

超が付くほど方向音痴なので、当日ミントをつれて迷ったら大変だと思って先日下見に行ってきました。
やっぱり遠い(>∀<)💦乗り換え乗り換えで二時間は掛かりました🚃
通勤ラッシュの時間帯に乗ることになるからと、扉の開く方向や乗り換えに最適な車両、出口の確認をしっかりしておいたので昨日はスムーズに行けてひと安心でした☺

20180508193008e0e.jpg


ミントがこちらを覗いてる写真を撮ったのに間違えてそっちを削除(^-^; 鞄だけの写真です😅
ミントのお友達から頂いたマスコットは病院の時は必ず一緒🐦大切なお見守り代わりです😌✨

病院の中に入ると待合室にはたくさんの小鳥さんと飼い主さん😲
勝手もわからず座るところがなくてあたふたしました😅

程なくして診察室に呼ばれました。
お若い男性の先生でした。

事前に主治医から紹介状をメールで送っていただいてたので今までの経過は省略。
まず、ミントの普段の様子を聞かれ、触診視診聴診。
こう言ってはなんですが、主治医よりも優しく丁寧にミントを扱ってくれたのでそこは安心しました😌先生はニギニギした直ぐ後にミントにちょっかい出して怒られてましたけど( *´艸)

レントゲンのデータを見ながら説明。
正常の精巣の大きさは1㎝大まで。ミントは1.6cm😫1.5cmを越えるとリスクは大きくなるそうです(..)

「精巣腫瘍であることは間違いないし、決して小さい方ではないです。手術のタイミングは、今ですね。」
主治医からは、まだ小さいしすぐに手術とはならないと思いますと聞いていたので、"いま( ̄□ ̄;)!!?"とびっくり。

成功率は今のミントの状態で約60%
そのうち、完全に取りきれるのは50~60%約半分…(..)

◎臓器の癒着により取りきれない(取りきれなければまたそこから腫瘍は大きくなる)
◎背部に太く大きな血管があり、そこをクリップで止めてから手術をする。でもうまく止められなかったり止めた時に損傷してしまうことで失血死する。(うまくクリップ出来るかどうかが手術の成功を左右する)

その他、麻酔や不測の事態によって亡くなる仔がいるそうです。

かなりリスクの高い手術ですとお話がありました( >Д<;)

ただ、手術以外で根治の方法はなく、内服によるものは進行を遅らせるだけのものであると説明がありました。

過去5年間での手術件数は約100例。ここ数年で手術件数は増えていて年間25~30件。
月に1、2件は実施しているとのお話でした。

手術をしなかった場合の予後については、個体差が大きく何とも言えないけれど、ろう膜の色が変わってきて腫瘍化するのには2~3年かかる。5才~6才で急に腫瘍が大きくなり様々な症状が出てくる仔が多い。症状が出てからは悪くなるのは早く…そこから1.2か月で亡くなる仔もいるというお話でした😢

実際、今は元気そうなので手術を悩む飼い主が多いこと、目に見えた症状が出始めてから、やっぱり手術してほしいと連れてくる飼い主もいるがそこから手術しても成功率は10%程度に下がると言うことを説明していただきました。

色々聞いても正直不安の解消にはならず、私の心はゆらゆらと揺れています( >Д<;)
ミントと相談して決めたいなぁ(;´Д⊂)
どうしたい?
大好きなミントとこれからも長く一緒に過ごせるにはどうしたら良いのか…考えなきゃ‼

まだ聞いてきたことはありますが、長くなったのでまた纏めたら修正しつつ書きたいと思います(* ´ ▽ ` *)
20180508210822b5d.jpg


長旅から帰ってきてお疲れさんのミント(^-^;
よく頑張ったね☺♡

いつも皆様の応援が心の支えになっています😌💕本当にありがとうございます✨

最後までご覧いただきありがとうございます☺
© ミントとの幸せ日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。