FC2ブログ
愛鳥ミントとの幸せ溢れる毎日を少しずつ綴っていきます♬
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
主治医の意見
こんばんは!

先日、掛かり付けのミントの病院へ行ってきました🍀

7日に受診した横浜小鳥の病院から、診察内容などはきちんと主治医に引き継がれていました(*^^*)
201805191853519bf.jpg


主治医に「悩んで悩んで、今もその考えで良いのか迷っているのが正直な気持ちですが…手術をせずにこのまま出来ることをして経過をみたい」と伝えました。

すると私の話を聞いた主治医は目をまんまるくして👀「手術しないんですか?どうして?」と!!(゜ロ゜ノ)ノ

「手術を受けなかった場合これから辿る経過も伺いましたが、もしも麻酔から離脱できなかったり手術が難しくそのまま…となってしまうかもしれないと思うと不安が拭いきれないです。うまくいけばそれはとても喜ばしいことですが、失礼な言い方になりますが、そうでなければこの仔を一瞬で失ってしまうかもしれないと思うと耐えられないです。」と話ました。

私の話を聞いた主治医は続けてこう言いました。
「手術の成功率60%には色々な病期の仔が含まれていて、全身状態が良い仔ばかりではないのでその位の確率なんです。
私が横浜に居た時、成功した仔も残念ながら亡くなってしまった仔もどちらも見てきました。ミントちゃんは若くて体力もあるし、他に病気があるわけでもないし、今の時点では腫瘍と他の臓器の間にもまだスペースがあるので十分に取りきれる可能性があります。もう少し大きくなると腫瘍と他の臓器が癒着して取りきれなくなると思います。手術した方が良いか、と尋ねられたら…うん。そうですね。」


゚+.(*´pωq`)゚+.
先生。私、何日も眠れずに考えたんです…
でもそんな風に言われるとまた迷ってしまいます😢

20180519190910dba.jpg


この小さな身体で、手術に耐えられるのか、でも心からミントを助けたいしこれからもずっとずっと一緒にいたい。

頭の中で色んな気持ちが交差しています。

前にも書いたかもしれませんが、通いなれた病院で今までの経過も、ミントの臆病な性格も飼い主である私の性格も知っている主治医が手術をしてくれると言うのならもしかしたらこんなに悩まずにお願いしているかもしれません。

手術を執刀される院長先生とは顔を合わすことなく、術後の経過を診るのも、飼い主への説明を引き受けるのも別の獣医師と言うことに多少なりとも不安があるのだと思います。
正直な気持ち、横浜まで行ってみたけれど不安の解消には至りませんでした(>_<)(私の個人的な気持ちです。不快に思われたら申し訳ありませんm(__)m)

20180523195920faf.jpg


来週また掛かり付けの病院に再診です。
ご飯を減らしてから明らかに元気がなく、膨らんでいることが多い感じでした。

先生もいつもと違うミントを見て細かく診察してくださいました。
「暫く保温してください」と言われ、お薬も追加になりました。

主治医から「今の様子を見て、それだけではないと思うけど、○○さん(私)の不安や心配な気持ちがミントちゃんに伝わって元気がないのかもしれませんね」と言われました((T_T))

ミント。心配かけて不安にさせてしまってごめんね😢💨頼りなくてごめんね😭
2018052320073713e.jpg

一年半か二年くらい保温から遠ざかっていたので慌てて引っ張り出してきました😅
サーモも感知するし電球💡も破損してないし分解してフキフキしたし✨大丈夫かな☺

来週受診までに方向性を決めなければなりません(..)
私が変わってあげたいよ。ミント🐦😢

2018052321143846e.jpg

振り返りミンチャン( *´艸`)💕

いつまでも結論がでなくてダラダラと思いを綴るだけのブログで読みにくくすみません😣💦

良い方向に進めるように頑張っています(*´・ω・)

最後まで読んでくださりありがとうございます☺
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ミントとの幸せ日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。